一生に一度のものだから|ケイ・ウノで生涯の宝物を得られる|心に秘めた想いを形に
カップル

ケイ・ウノで生涯の宝物を得られる|心に秘めた想いを形に

一生に一度のものだから

指輪

思いをかたちに

最近では結婚式も多様化していて、自分たちなりの個性を大切にするカップルが増えています。演出やウェルカムボードなどを手作りしたり、お金をかけるよりも自分たちの思いを自分たちで形にするといったこだわりの傾向が多くみられるようになってきました。そんな中、結婚指輪も他にはない自分たちだけのオリジナルにしたい、という思いから手作りの結婚指輪が人気を集めています。有名ブランドの指輪もデザイン性や品質に信頼があってもちろんいいのですが、同じデザインのものを誰かが買っているということもあります。その点、手作りなら世界でたったひとつの自分たちだけのオリジナルで作ることができます。そして、それを実現させてくれる工房が全国でもたくさんあるのです。

デザインと製法

では、結婚指輪を実際手作りするといってもどのように作ればよいのでしょうか。心配はいりません。工房ではプロのスタッフがきちんとフォローしてくれます。まずはデザインをどうしたいかを決めましょう。デザインが決まったら、どの製法で作るかを選びます。指輪の製法には2種類あり、ひとつは「鍛造(たんぞう)」という製法です。金属をたたき上げたり圧力をかけながら強度を上げるというもので、重量感のある滑らかな仕上がりが特徴です。ただ、複雑なデザインにはあまり向かないのでシンプルなデザインを考えている方におすすめです。そしてもうひとつは「鋳造(ちゅうぞう)」という製法で、こちらは金属そのものを加工するのではなく、型に流し込んで作ります。鍛造に比べると若干強度が低い傾向にありますが、デザイン性のある結婚指輪を求めるならこちらの製法がおすすめです。